膀胱炎で一晩中トイレの中で過ごした

潔癖なところがあって、外でトイレが出来ないです。不特定多数の方が使用するトイレは本当に無理なんです。職場のトイレは特に、男女別でなく、二つ個室が並んでいるだけです。そんなトイレで出来るはずがありませんでした。

 

でも、朝から夕方までトイレを我慢することは慣れっこだったので、それまでは何の問題もありませんでした。しかしある時、トイレに行ったばかりなのにまたすぐ行きたくなりました。「今行ったばかりなのにおかしいな。」と思いましたが、やはりほんの少量しか出ません。なのに、まだ残尿感がありトイレから立てないのです。お腹を押さえて搾り出すように尿を出し切り、それでもまだ残尿感は残ります。でも気にしないように、その時はトイレを出ました。

 

次の日会社でその話をしたら、ベテランの女性が「膀胱炎じゃないの。女性は男性と違って、おしっこをした後に拭くから、手が清潔でないとすぐに膀胱炎になる。特にこういう事務をしていると、お金とか触るから膀胱炎になりやすい。お金は色んな人が色んな場所で使って、色んな状況で触ってきてるからばい菌だらけ。だからお金を触った後は必ず手を洗った方がいい。」とアドバイスをくれました。膀胱炎血尿

 

その後、泌尿器科に来院しましたが、初めてなので病院に入ることがもう恥ずかしかったです。診察はもっと恥ずかしかったですが、やはり膀胱炎になっていました。薬を頂き、その時はそれですぐに治って一安心でした。

 

でも、その後数ヵ月後で、また膀胱炎になりました。一度目で懲りて、トイレに入る前も手を清潔にしてから拭くようにしていたのに、どうしてだろうと疑問に思いました。病院に行くと、どうやら一度なると繰り返しやすい事、ストレスなどでも免疫が落ちて発症する事などを教えてもらいました。確かに仕事や私生活でストレスがMAXだった時なので、納得できました。それよりもこの時は、本当に残尿感が酷くて、一晩中トイレから出られなかったのですごく辛かったです。

 

その後も数回繰り返しましたが、それから10年ほどは発症していません。仕事を辞めて家にいて、いつでもトイレに行けるからかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>